So-net無料ブログ作成
検索選択

信州の夏休み [雑感]

 四十代のころ、八月の第1週になると夏休みをとって、毎年、長野県に出かけていました。中央高速道路で恵那山トンネルを抜けると別世界にきたような気がしました。湿気と気温がさがり、日常業務からも解放されて、爽快でした。


 高遠から北上して杖突峠に着くと、前方に八ヶ岳がみえ、眼下に諏訪湖から甲州への展望がひらけ、地形図をそのまま見渡している気分になります。正面にみえる霧ヶ峰を歩くと、槍ケ岳と富士山が左右に望めます。


 なぜ、あんなに毎年、信州に行っていたのか不思議なくらいですが、涼しさの誘惑が大きいのでしょうが、また、十代のころになじんだ詩の舞台でもあったからだと思えます。浅間山、千曲川、追分、美ヶ原などを巡り歩くのは、歌枕を旅するのと同じことです。


 少年のころ読んでいたのが、吉田精一『日本近代詩鑑賞』明治篇、大正篇、昭和篇という新潮文庫だった・・・今から思えば変なこどもだった。 成長してへんなおじいさんになっただけだったかも知れないが・・・。



 


 

nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 3

ちょんき

微笑なのか苦笑なのか思わずニヤリとしますなぁ。たしかに変な子供だったのだと想像します。大学の時でもまじめで少し変な青年でした。


by ちょんき (2017-08-02 22:17) 

爛漫亭

 暑中お見舞い申し上げます。
野尻湖へ出かけておられたご母堂はお元気ですか。あの辺は小林一茶の住んでいた所ですね。たしか『銀の匙』もあそこで書かれたという記憶があります。こう毎日、暑いとあのあたりの空気が懐かしいです。
by 爛漫亭 (2017-08-06 18:59) 

ちょんき

毎夏二カ月近く野尻湖の小屋ですごしていたのですが、去年から一人でやる自信がなくなり、京都で暑い暑いと毎日ぼやいております。94歳になりました。古稀になっても親がまだ元気だなどというのはちょっと考えていませんでした。こちらの方が先にへたばりそうです。
by ちょんき (2017-08-07 16:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0