So-net無料ブログ作成
検索選択

聞き流していると [音楽]

 きのう、いつものように車を運転しながらラジオを聴いていると、『日の出のようにそっと』と曲名紹介されて流れてきた唄は、なんか聴いたことあるな・・・と思いましたが、どうも普通は『朝日のようにさわやかに』とよばれる曲でした。

 Softly,as in a morning sunrise
 The light of love comes stealing into a newborn day

 たしかに「さわやかに」という単語は見当たりません。どちらかといえば「そっと」がふさわしい感じです。ジャズピアノで演奏しても何となくさわやかな曲調に感じていましたが、歌詞はもっとドロッとしています。

 唄の題の訳は時としてイイカゲンなもののようですが、それでかえって印象がよくなることもあるようです。訳者が意識的に変えているのかも知れません。

 ヘレン・メリルの歌唱でしられる 『You'd be so nice to come home to 』も「帰ってくれたらうれしいわ」でもないようです。そんな誤訳のようなものが、いろいろな領域で当たりまえに流通しているのかも知れません。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

宿題のおてつだい [雑感]

 夏休みで、小学二年生の孫がやって来て、九九を口ずさんでいましたが、混乱しているようでした。どうしても考えて答えを言おうとしているようです。

 「ハリー・ポッターの呪文と同じで、おぼえるしかないよ」といってやりましたが、理解できたかどうか・・・。

 「むかし、サザンカ キューとか、ハッパ ムトシとかいうひとがいたよ」と言うと、それはすぐに憶えたようでした。  学校でそんな名前を口走っても、先生にも意味不明なことでしょう。

 山茶花 究、益田喜頓、坊屋三郎、三木のり平・・・そんな世界もありました。




 

タグ:山茶花 究
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

十年はひと昔 [雑感]

 ことしはいろんな区切りの年です。
 十年前にはJR福知山線の脱線事故がありました。

 二十年前は阪神淡路大震災です。
 三十年前は御巣鷹山。帰宅途中の車のラジオが日航機の消息不明を伝えていました。

 四十年前にはサイゴンが陥落し、ベトナム戦争が終結。
 五十年前に中国文化大革命が始まりました。

 六十年前にわたしは小学一年生。
 七十年前は太平洋戦争の敗戦でした。

 十年はひと昔 暑い夏・・・。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

暑中お見舞い [読書]

 猛暑が続いていますが、日の暮れが早くなったのが分かります。今朝は激しい雷鳴で目が覚めました。家内は急用で朝の飛行機で出かけましたが、その頃には青空が広がっていました。

 ブログを始めて一年になりますが、この間に、だんだんと視力が落ちて、文字を読むのが遅くなっています。老眼鏡をかけたり外したり、遠近両用メガネをかけたり、目薬をさしたり、苦労しています。

 去年はダンテ『神曲』を読みましたが、なんとも強固な自分勝手な、つじつま合わせかと驚嘆しましたが、ことしのような眼の調子では、とても付き合いきれなかったと思います。まだまだ読みたい本がいくらでもあるのに困ったことです。

 先日は S.ペーボ『ネアンデルタール人は私たちと交配した』(文藝春秋)という興味深い新刊本を買ってきました。いつから読もうかと楽しみに置いていますが、そんな置いてある本の数がどんどん増えてゆくようすは、走る気はあっても足がついてこないような感じです。息を整えてじっくり二周目のブログにとりかかります。


 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感