So-net無料ブログ作成

イェルサンのこと [読書]

 「動かない人生は、人生とはいえません。」とイェルサンは母親に手紙をかく。1863年スイスに生まれ、パリでパストゥールに学ぶ。

 パトリック・ドゥヴィル『ペスト&コレラ』(辻由美訳 みすず書房)は波瀾の生涯をおくったアレクサンドル・イェルサンについての評伝です。

 「いつか、新たなリヴィングストンになりたい。」と彼は手紙にかく。アルチュール・ランボーがラクダの背にのって、砂漠の岩場で難儀していた頃です。

 ジフテリアの研究で成果をあげるが、探検家になりたくて27歳で研究所を去り、船医となり、インドシナにわたる。ヴェトナムからカンプチアまでの陸路を拓いた最初の人となる。1894年香港でのペスト発生に際し、北里柴三郎と争い、ペスト菌を発見する。

 1943年太平洋戦争のさなかヴェトナムで世を去る。彼に因んでペスト菌の学名はYersinia pestisになる。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1