So-net無料ブログ作成

空と海の道 [読書]

 鷹ひとつ見つけてうれし伊良湖崎 (松尾芭蕉)

 貞亨四年(1687年)、芭蕉は渥美半島の村に流刑となっている愛弟子・杜国を訪ね、再会を喜びます。その後、鳥羽から吉野へと伴に旅をします。

 伊良湖岬は鷹の渡りが見られ、秋に南へゆくハチクマなどの勇姿が望めるそうです [ 樋口広芳「鳥たちの旅 渡り鳥の衛星追跡」(NHKブックス)] 。

 明治31年、大学生だった柳田国男は伊良湖岬に逗留中、流れ着いた椰子の実をみつけます。帰京後、そのことを島崎藤村にはなし、「名も知らぬ 遠き島より・・・」の詩が生まれたそうです。

 空にも海にも見えない道があるのですね。

 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0