So-net無料ブログ作成

サマータイム [読書]

 炎暑が続いています。G. ガーシュウィンに「Summertime」という、けだるいような子守唄がありますが、午睡にはちょうどいい曲です。いろんな人が唄ったり、演奏したりしていますが、それぞれの風あいがあります。ハービー・ハンコックの「ガーシュウィン・ワールド」ではジョニ・ミッチェルが唄っています。いなかの夏の土のにおいがする曲です。

 先日、帰郷したおり、叔母たちと話していると、「あなたの『日本百名山』の本がうちに来てるよ」と言います。なにかのときに亡叔父に貸したのかも知れませんが、記憶にありません。ぼくの本箱にも有るので、また買ったのかもしれません。

 義姉は「それより『花の百名山』が欲しいけど、アマゾンでも見つからない」といいます。「ぼく、持ってるよ、こんど持ってくるわ」といって帰ってきました。
 調べてみると確かに手に入りにくい状態のようです。「日本の古本屋」のサイトで検索すると、幸運にも安価で状態の良いのが一冊みつかりましたので、兄宅へ送付してもらいました。

 本箱から田中澄江『花の百名山』を取り出してみると、読んだ形跡はなく、とりあえず買っておいたもののようです。これを機会にとパラパラと読み始めました。炎暑の日々に山の涼気が漂い、ちょうどいいかげんです。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0