So-net無料ブログ作成

ロシアとの関わり [雑感]

 あしたロシアのプーチン大統領が来日するそうです。北方領土問題に何か方向性が見えるのでしょうか。ウクライナ独立に際しての、ロシアのクリミア併合をみると、ロシアが領土で譲歩するとは考えにくいですが・・・。

 この間から読んでいるチェーホフの晩年の小説は、みんなクリミア半島のヤルタで書かれています。1899-1904年のことです。

 チェーホフの20歳年上のチャイコフスキーの交響曲第2番は「小ロシア」という題がついています。ウクライナのことだそうです。

 明治以来、日本では四書五経や漢詩の中国に変わって、小説や音楽、政治などロシアの影響を多大に受けました。日露戦争はちょうどチェーホフが他界した年に始まっています。日本では夏目漱石が『吾輩は猫である』を書いている頃です。

 そういえば家内の実家の近くで生まれた高田屋嘉兵衛は1812年、国後島の沖でロシア船に拿捕され、カムチャッカに連行されています。その頃から、あのあたりは両国のしのぎ合う場所だったようです。


 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0