So-net無料ブログ作成

ピヨの鳴くころ [読書]

 ことしはよく台風が来ます。今も 22号が潮岬の南方海上を北東に進んでいます。窓の外は昼から雨風が続いています。たしか明日、箱根で同窓会をやるという案内がきていましたが、一日違いで良かった。幹事さんはヤキモキしていることでしょう。


 何年かまえの別の同窓会も台風の翌日だった記憶があります。また以前、長兄が尾道で同窓会があるので、帰りに当地に寄ってくれるというので待っていましたが、音沙汰がなく、問いあわせてみると、同窓会が台風で中止になっていました。同窓会は台風の季節に多いのでしょうか ?


 金田一春彦『ことばの歳時記』(新潮文庫)というのは、こどもの頃に読んだ憶えがあって、たまたま書店の文庫棚で北杜夫の隣りに並んでいたので、なつかしくなり買ってきました。ペラペラ眺めてみても、ほとんどは憶えていないので、違ったかな ? と思いましたが、何カ所か記憶にあるところもありました。


 10月30日の欄にこんなことが書いてありました。 いまごろの時期、ヒヨドリがピーヨ、ピーヨと鳴いていますが、奈良朝以前はその鳴き声からピヨと呼ばれていたそうです。それがいつの間にか、pi ➙ fi ➙ hi とかわったそうです。


 沖縄の一部にはそういう古い発音が今でも残っていて、「光」をピカリというそうです。ピカッと光るようすがピタリなのには驚きます。

nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 4

chonki

「父には一度も会わないが母には二度会うもの」という平安時代の謎々があるのを思い出しました。答えは唇。当時母はhahaではなくfafaと発音したそうです。
by chonki (2017-10-29 21:34) 

爛漫亭

 そういえばミノムシは「父よ父よ」とはかなげに鳴くそうですね。
 蓑虫の音を聞きに来よ草の庵 (芭蕉)


by 爛漫亭 (2017-10-30 19:59) 

chonki

ミミズもミノムシも鳴くわけはありませんが、枕草子以来俳句の世界では今も鳴いているそうですね。
by chonki (2017-10-30 22:50) 

爛漫亭

 俳句では、春には亀も鳴くそうです。
by 爛漫亭 (2017-10-31 15:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。