So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

熊野の桜 [雑感]

 そろそろサクラの便りが聞かれるようです。今年は寒かったので、開花は遅いのかと思っていましたが、例年より早いそうです。


 先日、新聞に新種の野生のサクラが見つかったと載っていました。オオシマザクラ以来、約百年ぶりだそうで、熊野川の流域で以前から、早咲きの桜として知られていたそうです。日本には十種類ほどのサクラがあるとのことです。


 桜といえば吉野ですが、二十代のころから何回となく出かけましたが、一度も桜の季節には行ってません。人混みや渋滞を考えると、春は避けます。いま使っている飯茶碗は、何年かまえ、吉野山の売店で買った桜模様のものです。


 谷崎潤一郎に『吉野葛』という小説があり、吉野のすこし奥のあたりが舞台になっています。菜摘の里とか入の波といったあたりです。 わたしの父親は、父が早逝し、母が再婚していったため祖父母に育ててもらったそうで、こひしくば・・・の『吉野葛』が身にしみるのか、いいよと言っていた記憶があります。


 吉野から南へ、大峰を通って熊野へ、山また山が続きます。 新種の桜はクマノザクラと命名されたそうです。


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 2

阿

家の前の桜が実は熊野桜だったという方が先週来られました。三重県の人でした。なにか枝ぶりがソメイヨシノとは違うとかでした。
by 阿 (2018-03-19 22:59) 

爛漫亭

 なにごとも違いに気づくには、知識と経験が必要なんでしょうね。わたしなど何を見ても、花とか鳥とかというだけで、名も無い・・・で済ませてしまいます。
by 爛漫亭 (2018-03-20 14:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。