So-net無料ブログ作成

岬へ [読書]

 春の岬 旅のをはりの鷗どり
 浮きつつ遠くなりにけるかも
         (三好達治)

 詩碑は達治ゆかりの福井県の東尋坊にたっていますが、ゆったりとした歌の調子からは、どこか温暖な地方の岬がふさわしいように思えます。

 高田宏「岬へ」は雑誌「旅」に連載した各地の岬への紀行集です。まず最初が犬吠埼で、日の出の情景を記録しています。次が丹後半島の経ケ岬の小ぶりな白い灯台・・・

 以前、伊良湖岬からフェリーに乗って鳥羽へ渡ったことがあります。途中、三島由紀夫の「潮騒」の舞台となった神島が左舷に見えます。岩肌にへばりついたような村が見渡せます。

 明日は冬至ですが、寒い日に春の岬を想像すると少し温かくなります。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感